顔脱毛のポイントや施術の流れ

脱毛といえば膝下や脇が基本で、最近VIOなども流行りつつあるという印象を持っている方もいらっしゃることでしょう。
しかし実はじわじわと支持を拡大している箇所に顔があります。

顔といえば面積があまり広いわけではないからセルフ脱毛で事足りるし、気になるほど毛が生えていないので処理自体していないという方もいらっしゃるかもれません。

実は顔というのは意外とムダ毛が生えている箇所でもあります。目には見えづらいけれど細かな産毛がたくさん生えているのです。

一本一本が細かく薄い色をしていてもそれがたくさん集まれば薄い膜を張っているような状態になってしまいますから、顔色がくすんで見えてしまうということに繋がります。

そんな膜を顔脱毛をすることで取りさらってしまえば、今の肌よりワントーン明るい顔色になることもできるでしょう。

化粧ノリも良くなりますしファンデーションが肌に密着しやすくなり化粧崩れもしづらくなるというメリットもあります。

更に邪魔をするものがなくなるため化粧水などの浸透力が上がるという話もあります。また、カミソリや毛抜きなどでの自己処理というのは肌にかなりの刺激を与えています。

顔というのは紫外線などのダメージも受けやすい部位ですから、そこにカミソリなどのダメージが蓄積することで乾燥を招いたりシミなどの原因となってしまったり、毛穴が広がって目立つようになるという心配もあります。

顔脱毛をすれば自己処理の頻度は激減しますから、肌への負担も減り綺麗な肌に生まれ変わることもできるでしょう。

そんなメリットが多い顔脱毛ですが、一口に顔脱毛といってもその施術部位はサロンやクリニックによって大きく異なります。

例えばおでこや両頬、口周り、あごや鼻下といった聞いただけでどこなのかわかりやすい名称だけでなく、頬骨付近のCラインであったり、
あごの両脇付近のフェイスラインであったりと少し分かりづらい名称の場合もあります。

それらの部位を数箇所組み合わせてひとつのコースにするといったものが一般的ですが、サロンによっては鼻下と鼻下を除く顔全体といったようにシンプルなコースを用意している場合もあります。

ちなみにあまり脱毛をしようと思う部位ではないかもしれませんが、まぶたへの施術は不可としているサロンがほとんどです。

顔脱毛の流れはサロンやクリニックによって異なるものですが、基本的にはまずカウンセリングをすることになります。

カウンセリングでは自身が綺麗にしたい部位の脱毛をしてもらえるか、事前の自己処理は必要かなどしっかりと確認しておきましょう。

特に事前処理はうっかり怠ってしまうと施術を受けることができないというサロンもありますし、サロン側で行ってもらえる際にも金銭がかかるのか無料なのかについて確認しておくと安心です。

自身で自己処理をしていく必要がある場合には、カミソリよりも肌に優しい電気シェーバーを使うのがおすすめです。

自己処理の後はいつもより念入りに保湿ケアをして肌の状態を良くしておきます。

施術当日はメイクをしていた場合、それをクレンジングでオフすることから始まります。

サロンによってはサロンで落とすことができたり専用のクレンジングを用意していることもあれば、ノーメークで来るようにといわれることもあります。

サロンによって異なる点なため、カウンセリング時に確認しておきましょう。

施術時間はおよそ30分程度なことが多く、サロンによってはオプションで保湿ケアを行ってくれることもあります。

美肌効果を得られることも多いので、金銭面で余裕があれば利用するのがおすすめです。

顔脱毛は範囲が狭い分時間がかからず、キャンペーンなどでお得に施術を受けることも可能な部位です。

顔脱毛で産毛を綺麗にして、綺麗な肌に生まれ変わりたいものですね。

関連記事:脱毛サロンで脇脱毛を行うメリットとは